研究

言語学習関連の論文(NAACL2018)

最近はキャンプの話ばかり書いていて、Slackでも松本研の某同期にゆるキャン日記になってると言われたし、
NLPっぽいことを書いておこう。
と言ってもただNAACLのAccepted Papersから言語学習関連の論文をリストアップするだけだが。。

  1. APPROACHING NEURAL GRAMMATICAL ERROR CORRECTION AS A LOW-RESOURCE MACHINE TRANSLATION TASK
  2. NEAR HUMAN-LEVEL PERFORMANCE IN GRAMMATICAL ERROR CORRECTION WITH HYBRID MACHINE TRANSLATION
  3. REFERENCE-LESS MEASURE OF FAITHFULNESS FOR GRAMMATICAL ERROR CORRECTION
  4. AUTOMATED ESSAY SCORING IN THE PRESENCE OF BIASED RATINGS
  5. COHERENCE MODELING AND ADVERSARIAL EVALUATION FOR NEURAL AUTOMATED ESSAY SCORING
  6. SEMANTIC STRUCTURAL EVALUATION FOR TEXT SIMPLIFICATION
  7. SENTENCE SIMPLIFICATION WITH MEMORY-AUGMENTED NEURAL NETWORKS
  8. SIMPLIFICATION USING PARAPHRASES AND CONTEXT-BASED LEXICAL SUBSTITUTION

文法誤り訂正関連が3つ。
2つ目の「NEAR HUMAN-LEVEL PERFORMANCE」は気になる(釣りタイトルでないことを祈る)。
文法誤り訂正自体の評価ではなさそうだが、「REFERENCE-LESS」で「FAITHFULNESS」を測るのも気になるところ。
エッセイスコアリング関係が2つ。
こう見てるとやはりShort Answer Scoringは本会議になかなか通っていない(ワークショップには出ている)。
あとはSimplificationが3つ。
これは学習者向けかどうかはわからんけども、まあ一応。

-研究