学会・勉強会 研究

NLP2012で発表します

NLP2012のプログラムが発表されていた。
プログラムにあるように

E4-4  オークション検索クリックスルーログからの属性値抽出,
○水本智也, 坂口慶祐, 小町守 (NAIST), 内海慶, 河野洋志, 前澤敏之, 佐藤敏紀 (ヤフー)

てな感じで3月16日(金)9時からのセッションで発表予定。
去年8月〜今年1月までとびとびながら東京に行って作業したものを発表という形。
実際には夏に行ったときは全然違うことをやっていたので、11月から1ヶ月半やったものを発表する感じ。
まだまだやり残した事はあるのですが、とりあえずやったところまでで発表。
そして、この発表でやったことは共著者のみなさまにかなり助けられてやっと発表できる感じ。
本当にみなさんには感謝しています。

あと今回は共著でもうひとつ発表がある。
こちらはM1の@tkyf_7くんがメインでやっている。

A1-7  日本語学習者の作文の誤り訂正に向けた単語分割,
○藤野拓也, 水本智也, 小町守 (奈良先端大), 永田昌明 (NTT), 松本裕治 (奈良先端大)

テーマセッション2 : 文書の作成/校正支援で3月14日(水)9時からのセッションで発表予定。

パッとタイトルを見て気になったものを挙げてみようと試みたが、多すぎたので断念。
自分のメインの研究に近いセッションの文書の作成/校正支援の中で一番気になっているのはこれかな。

  • A2-6 入力支援機能を統合した多言語入力システム「Universal Text Input」, ○鈴木久美, Pallavi Choudhury, Chris Quirk, Chris Wendt, Colin Yu, Abdulaziz Mohammed (MSR)

あと全然関係ないけど、これはもうなんか別の意味で気になる笑
夏にT2ミーティング飲み会で荒巻さんが話していた覚えがある。

  • C1-1 音象徴の機械学習による再現:最強のポケモンの生成, ○三浦智, 村田真樹 (鳥取大), 保田祥, 宮部真衣, 荒牧英治 (東大)

-学会・勉強会, 研究